右腕を骨折して1週間がたちました。

 

利き腕の骨折ということで、些細な事一つでもパートナーの手助けがないとできないです。

 

何もできない無力感にただ打ちひしがれています。

 

趣味のカメラをやろうかなと思ってもシャッターが右側に設定されてるので、シャッターがきれません。

 

スマホで遠隔シャッターをきろうにもなかなかピントが合わなかったり、ズームするのも一苦労です。

 

左手でシャッターをきれるアタッチメントはないものかと探しても、あるにはありますが機種を限定されて思い通りの物がありませんでした。

左利きようのカメラは売っていましたが、新しいのを買うほど余裕がないので断念。

 

21世紀になって便利な世の中になっても無い物は無いもんなんですね。

 

とあるアニメの設定では猫型ロボットが産まれてるはずなのに、、、

 

自分は骨折でいずれ治るので大丈夫ですが、元々右腕が不自由の人には辛いだろうな。

誰か作ってくれないかな。。。

いっそ作ってしまうか。

右腕治ってからになるけど笑

 

 

その他にも、

 

ご飯は食いづらい。

パソコンは左手だけで打ちづらい。

体を上手く洗えない拭けない。

文字は幼稚園以下。

 

細かい所をいうと

未開封の牛乳パックを開けれない。

 

これはこたえました。笑

 

なんて無力なんだ、と。

 

 

逆にいいこともありました。

 

左手ばかり使って右脳が活性化されたせいか芸術的欲求が増してきました。

写真を撮りたい。

絵を描きたい。

作品を作ってみんなに見てもらいたい。

 

元々自分の作品が世にでて認めてもらいたい欲求は人よりあったので、欲がでてきたのは良い事だな。と感じています。

 

新しい未来が見えてきた気もします。

 

今はただただ右腕が動かせるようになるのを待つばかりです。